薬剤師から臨床開発モニターになる道筋

SITE MENU

魅力的な臨床開発モニターのメリット

魅力的な臨床開発モニターのメリットmainimage

臨床開発モニターになって働いている人の多くが、薬剤師の資格を取得して経験を積んでからの転職だそうです。

薬剤師から臨床開発モニターになる道筋

臨床開発モニターというのは、新薬をこの世に誕生させるために重要な役割を担う業種でこれからの高齢化社会において、今後薬を必要とする人も増えるであろうと予想され、必要不可欠な業種と言えます。

臨床開発モニターになって働いている人の多くが、薬剤師であったというケースが最も多いと言われています。

今日本の臨床開発モニターの約半数以上が薬剤師の資格を持っていると言われているほどで、そのことから考えるとまずは薬剤師になるということからスタートさせるのが理想的だと考えられます。

薬剤師の資格を取り、新卒の時点から臨床開発モニターになる人もいるのだそうです。

薬剤師になるには、まずは、薬科大学や薬学部のある大学を卒業して、国家試験に合格しなくてはなりません。

大学に入学し、薬剤師の資格を取得するまでにかかる年数は六年となります。

薬剤師の国家試験の合格率は約八割と言われていて、比較的合格率が高いので、一生懸命真面目に学べば、薬剤師までの道のりは掴めると考えられます。

薬剤師の資格を取得して大学を卒業した後、製薬会社、病院、調剤薬局などで経験を積んでから、臨床開発モニターに転職するという流れが一般的だそうです。

経験を積んでから臨床開発モニターになるか、未経験のまま臨床開発モニターになるかというのは本人の意思次第です。

製薬会社や病院で経験を積んでから転職するという場合、転職先を探すには大体一ヶ月程度を考えておきましょう。

魅力的な臨床開発モニターのメリット Copyright sangharime.com.All Rights Reserved.