治験開始までの臨床開発モニターの仕事

SITE MENU

魅力的な臨床開発モニターのメリット

魅力的な臨床開発モニターのメリットmainimage

臨床開発モニターは、治験薬の交付、医療従事者へ治験の説明を行って、治験をスタートさせなくてはなりません。

治験開始までの臨床開発モニターの仕事

臨床開発モニターは、治験薬の交付、医療従事者へ治験の説明を行って、治験をスタートさせなくてはなりません。

治験薬の交付とは、薬剤部に治験薬を交付することなのですが、その際に治験の内容を正しく丁寧に説明しなくてはなりません。

特に重要な事項としては、禁止併用薬については命の危険を伴う可能性もありますので、洩れなく重点をおいて説明をする必要があります。

臨床開発モニターというのは薬剤部のスタッフとも信頼関係を持てる様にコミニュケーションを取ることも大切な仕事といえます。

その他、同じ医療機関において治験が複数行われている場合について、薬剤部が治験薬の混同をしてミスが起きない様に、リストを作成するとか薬効群別に記載するなどして、管理方法のサポートをする必要もあります。

また、医療機関に治験の説明を行うとともに治験の勉強会を開催する必要もあります。

この勉強会には、医師だけではなく、看護師や薬剤師、臨床検査技師、事務局などの関係者が参加します。

ここでもやはり重要なことはプロトコルの詳細についてで、スタッフは治験薬についての疑問が無くなるまで、じっくりと話をする必要があります。

プロトコルの内容とは、治験の目的、治験の対象、治験の実施機関、治験薬剤、被験者への同意や内容に関する記述、治験方法と投与方法などになります。

その他、被験者を募って登録者数を集めるということも担います。

被験者が足りていない場合などは、ボランティアや広告によって被験者を集めたり、治験参加の同意が求められる様に詳細などわかりやすい資料作成をしたりします。

魅力的な臨床開発モニターのメリット Copyright sangharime.com.All Rights Reserved.