治験が始まるまでの臨床開発モニターの仕事

SITE MENU

魅力的な臨床開発モニターのメリット

魅力的な臨床開発モニターのメリットmainimage

臨床開発モニターというのは、新薬が誕生するための治験を実施する前に、三つの調査を行わなくてはなりません。

治験が始まるまでの臨床開発モニターの仕事

臨床開発モニターというのは、新薬が誕生するまでに様々な業務を担いますが、治験を実施する前に、三つの調査を行わなくてはなりません。

一つ目は医療機関の調査、治験を行う責任者である医師の調査、そして、治験審査員会であるIRBの調査になります。

医療機関の調査というのは、治験が正しくきちんと実施されているかということ、治験を行うまでの手続が正しいかということ、治験の費用について、治験の補償と賠償の問題についての確認、SDVの受け入れがどの様になっているかなど、医療機関のホームページや他の医療機関の医師、治験審査委員会の標準業務手順書を用いて、治験に必要であることが不足していないかということをチェックします。

治験を行う責任者である医師の調査というのは、治験に際して、遵守するべき基準に相反していないかと確認します。
>>>医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令

モニタリングの受け入れができるかどうか、募集期間で被験者を集めることができるかなどが調査内容となります。

治験審査委員会IRBの調査というのは、構成委員、開催する用件が治験に際して、遵守するべき基準に沿って運営されているかということを確認します。

これらの三つの調査は治験を始めるにあたって重要項目となります。

もしも治験に際して、遵守するべき基準を遵守していなければ、実施をしてもその結果の症例が認められない可能性もあります。

臨床開発モニターは、これらの事前調査を的確に行わなくてはなりません。

魅力的な臨床開発モニターのメリット Copyright sangharime.com.All Rights Reserved.